ソロソロ

       詩・曲 相澤博文  歌 山田龍一

 

道はうねるように続き山は高く堂々と

風は髪に楽しく季節を歌う

 

雲魚のように続き鳥が広く悠々と

谷は水にやさしくこだまを返す

 

それぞれの時代を生き伝えられて知恵と幸せを

運び続けなければ愛するここは消えてしまうだろう

 

ソロソロ男らしくソロソロりきをいれて

ソロソロ皆のためにソロソロ創めようぜ


ソロソロ女らしくソロソロ精一杯

ソロソロ皆のためにソロソロ創めようぜ

 

ありのままの故郷よ負けないていて欲しい

新しい明日を信じ大切な繰り返しを約束してほしい

 

ソロソロ忘れてくれソロソロ飲み直そう

ソロソロ皆のためにソロソロ創めようぜ

  

ソロソロ若者らしくソロソロ胸を張って

ソロソロ皆のためにソロソロ創めようぜ